会員登録でいつでも全品10%OFF


今なら更にご購入特典!!!
先着100名様にオリジナル刺繍入りハンカチプレゼント!!!

会員登録はこちら

DRESS SHIRT
ドレスシャツ

DRESS SHIRT

フォーマルに強いだけじゃない。自由なカジュアルシーンにも大活躍なアイテム。
ポイントを抑えてさまざまなバリエーションを楽しみたい方へ。

並び順 
表示件数 
在庫 
30件の商品が見つかりました
カートに追加しました。
お買い物を続ける カートへ進む

とっておきのドレスシャツを

普段使いとは違うフォーマルな着こなしに適任なドレスシャツ。特別な日にスタイリッシュな装いで過ごしたい、という方にもおすすめです。ビジネス~セレモニーまで幅広く活躍するドレスシャツをご紹介します。

ワイシャツとカッターシャツと同じなの??

いまさら聞けない【ドレスシャツ】と【ワイシャツ】と【カッターシャツ】とは年代・地域によって呼び方が異なりましたが、違いはなくそう同じなのです。もともと【ワイシャツ】と【カッターシャツ】が呼ばれていましたが、新しいオシャレ呼び方で【ドレスシャツ】と呼ばれだしました。しかし、まったく同じではなく、意味合いが微妙なニュアンス違いとしてはドレスとつくだけあってドレッシーで品があるスタイリングを意識できるシャツだとも言えます。

ドレスシャツはそもそも下着だった!?

日本と世界のドレスシャツ文化の違いをご紹介します。ドレスシャツ文化が発祥したヨーロッパでは、もともと下着として扱われておりました。昔は下着(パンツ)がなかったので、ドレスシャツはパンツの役割を持っていました。中世ルネッサンス期のドレスシャツは、今より裾が長く、膝まで覆う丈があり、ズボンの中に入れ込み着用していたようです。ドレスシャツの丈がズボンの中に入れるのが今でも一般的なのは、当時の名残でしょう。例えば、日本と欧米のドレスシャツ文化の違いはどのあたりなのでしょうか。日本のワイシャツには胸ポケットがついている物が多く、シャツが下着という価値観がある欧米では理解されないようです。欧米にもポケット付きのシャツはありますが、あくまでもデザインとされ、カジュアルシャツに分類されるようです。また、ドレスシャツの下に下着を着る事が一般的ですが、欧米ではあまり見かけません。理由は諸説ありますが、高温多湿な日本の気候では、夏場は下着を身につけないと汗をかいてしまうので、エチケットとして着用される事が多いのではないのでしょうか。

気になる着心地

生地も厚みがあり上質で、スーツやジャケット、スラックスに合わせても違和感なく、デザインも後ろリブ部分を高く設計し、アウターを羽織った際に首接触を防ぎ、汗・皮脂汚れを軽減する効果があり、裾形状も曲線を描くようにカーブテールで一枚でも様になるドレッシーなワンランク上のTシャツとなっています。

メールマガジンMAIL MAGAZINE

メルマガ会員募集中!いつでもオトクにお買い物ができます。

MORE